逮捕されない手法

飯塚幸三被告が逮捕されなかった理由など

事例ブログ

飯塚被告が求める悪魔の証明

飯塚被告は、裁判で『悪魔の証明』を求めました。飯塚被告は、自分が犯したことを『分からないから裁けない』というグレーゾーンに持ち込んで、罪を免れようとしているのです。悪魔の証明とは、現実的に不可能なことの証明を求めることです。今回は、飯塚被告が求めた悪魔の証明について書きます。
事例ブログ

警察が飯塚被告を逮捕できない理由

飯塚幸三被告が逮捕されなかったことは、社会的にとても問題になりました。そして、裁判での「私は悪くない。車が故障していた」という証言を聞いていると『こんなことが許されるのか』と憤りを感じます。飯塚被告が逮捕されなかった理由は『車が故障していた』という証言が根本にあります。正確に言えば、警察は逮捕することができなかったのです。今回は、裁判で嘘みたいな証言を繰り返す飯塚被告が『なぜ逮捕されなかったのか』について書きます。
事例ブログ

飯塚幸三の有罪確率

飯塚幸三さんの裁判が続いています。飯塚幸三さんの裁判とは、2019年に池袋で起きた悲惨な自動車事故です。飯塚幸三さんは、自動車運転処罰法違反の罪で在宅起訴されました。現在行われている裁判で、飯塚幸三さんは、「アクセルを踏んでもいないのにエンジンが異常に高速回転し、加速した」「私の記憶では踏み間違えはしていないので、私の過失はないと思っている」「再起動で戻った」などと、あくまでもアクセルとブレーキの踏み間違えはないと、無罪を主張しています。飯塚幸三さんは、自分の主張を『間違っている』と検察が証明することについて『悪魔の証明』だと理解して、グレーゾーンに持ち込み、無罪を獲得しようとしているのです。そんななか、2021年6月21日に今回の事故車両であるプリウスの生産元であるトヨタ自動車がコメントは発表しました。私は、飯塚幸三さんの裁判が有罪になる確率は100パーセントだと確信しています。飯塚幸三さんの主張には健全な社会常識と照らして無理があるからです。いくら常識とのギャップが大きい法律や裁判の結果であろうとも、こんな主張で無罪になるような国ではありません。こんな主張が通って無罪になるなら、全部の事件が無罪になってしまいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました