challenge

日常

大腸内視鏡検査(鎮静剤なし)

先日、大腸内視鏡検査へいってきました。私は、これまでに3回、大腸内視鏡検査を受けたことがあり、これで4回目でした。私は、4回ともすべて鎮静剤をつかわずに検査を受けてきました。そして、今回、これまでに私が検査を受けてきた病院とは違う病院で検査を受けました。2カ所以上の病院や、複数の先生から大腸内視鏡検査を受けて分かったことは『病院や先生のやり方、性格などによって感じる痛みがちがうこと』でした。当然のことですが、丁寧な先生かどうかで、検査自体の意味も違います。今回の検査前に、鎮静剤をつかって検査をうけている友人から『寝ている間に検査が終わっていて苦しくなかった』と教えてもらいましたが、今回も私は鎮静剤をつかいませんでした。今回は、何回も大腸内視鏡検査を受けた者として『大腸内視鏡検査の受け方』『鎮静剤をつかわずに行う大腸内視鏡検査のこと』について書きます。
トラブル解決法

車の写真を撮られた・・・【名義人のしらべ方】

【自動車の所有者のしらべ方】普通自動車の所有者や使用者などは、『運輸支局』と呼ばれる、全国に建てられた公的機関で請求できる『登録事項等証明書』を見れば、すぐに分かります。そして、この、『登録事項等証明書』は誰でも請求し、受け取ることが可能なので、『本気で調べてやろう』と思っている人からすれば、調査方法としてオーソドックスなものです。しかし、本来は『売買契約を締結するために所有者を確認する必要がある』などといった正規のものでなければ受け取ることができないものです。今回は、『登録事項等証明書』のことなどについて書きます。
トラブル解決法

人の探し方【自分の意思で出て行った人の見つけ方】

【自分の意思で出て行った人の見つけ方 】警察署に『行方不明の届け出』をすれば、警察官が行方不明になっている人を探してくれますが、もし『探している人が成人で、自分の意思で出て行った場合』は、警察官がムリヤリそのひとを連れてくることはできません。警察がムリヤリ連れてくるなんて、逮捕と一緒になってしまうからです。しかし、家出されてしまった家族などからすれば『顔くらい見たい。会って話しがしたい』そんな場合があります。今回は、自分の意思で出て行った人をどうやって見つけたら良いのかを書きます。
スポンサーリンク
トラブル解決法

DVからの避難【住民票の閲覧制限】

【住民票の閲覧制限】住民票は、本人及び同じ世帯の人のものであれば請求できます。つまり、離婚していなければ、配偶者や子供の住民票を取ることができます。戸籍謄本も同じで、配偶者や子供などの戸籍謄本を取ることができます。しかし、市役所や警察の支援を受けることで『閲覧の制限』をかけることができます。今回は、『住民票の閲覧制限』について、そして『住民票の閲覧制限のやり方』などについて書きます。
トラブル解決法

探偵が使う手法【登記を取って分かること】

【探偵が使う手法】今回は、探偵が使う調査手法として、オーソドックスな『登記を取って分かること』について書きます。先ほども説明したように、 登記は『誰でも調べることができます』し『登記には持ち主の住所や氏名など』が書かれています。 このほか、土地や建物の所有者が『どこから借金しているのか』『ほかに持っている土地や建物は何か』ということまで分かります。登記は『たくさんの情報が集まる場所』なのです。
トラブル解決法

日本で道路での自動運転化が進まない理由【日本の後退】

【日本で道路での自動運転化が進まない理由】今回は、2021年時点で中国やアメリカなどで自動運転の試験が、さかんに行われています。中国は、2018年の時点で『自動運転車の公道試験』を認めていて、日本が自動車の自動運転化におくれをとっていることは周知の事実です。今回の記事では、『なぜ、日本では道路での自動運転化が進まないのか』『いつになったら本気で取り組むのか』について書きます。
トラブル解決法

自宅の泥棒対策【一軒家の場合】

今回は、持ち家の泥棒対策を書きます。泥棒対策で大切なことは、泥棒が『この家はやめとこ』と思う家にすることです。当たり前のことですが、なかなかできないもので、実際、泥棒に入られる方がいます。ここでは、『泥棒の種類』『泥棒の侵入口として盗まれる場所』『泥棒が入りにくい家』『泥棒の手口』『家に入った泥棒は盗み以外で何をするか』について書きます。
トラブル解決法

山のこわさ3選

【山のこわさ】今回は、遭難しないための注意事項や、登山前に準備しておきたいグッズ、山に生息する『マダニ』『山ヒル』といった危険な生物対策について書きます。
トラブル解決法

迷惑犯人の捕まえ方【迷惑のやめさせ方】

【迷惑犯人の捕まえ方】今回は、家の敷地にペットのフンが放置されるなど、迷惑行為を受けている方々が、その行為者を見つけたり、やめさせたり、捕まえたりするにはどうしたら良いのか。ということについて書きます。
事例ブログ

【独自視点】11年前の殺人事件被疑者を検察官が起訴するか

【11年前の殺人事件被疑者を検察官が起訴するか】今回、11年前の未解決事件の被疑者が逮捕されましたが、11年も前の事件で集められていた証拠で、言い方は悪いですが『情報提供からたまたま浮上した被疑者』を検察官が起訴するのか。今まで兵庫県警は、『全然違う犯人像の被疑者』を追いかけてきました。そんな捜査状況だった11年前の事件を検察官が起訴するのか。考えるほどに、疑問がでてきました。今回のブログでは『どうして11年前の事件が今になって逮捕されたのか』『11年前の証拠で検察官が起訴するのか』という疑問に答えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました