駐車枠に他人の車があったときに打ちたい手、2選!

トラブル解決法

アパートの自分の駐車枠に

他人の車が駐車されていたことは

ありませんか。

私自身、こういうことがあって

警察官に来てもらったことがあります。

実際に体験して分かったのですが、

こういったときは、

警察と管理会社へ連絡することが

一番効果的です。

警察へ連絡すれば、

その車の名義人に連絡を

取ってもらえます。

道路上のことではないので、

警察官は駐車違反で取り締まる

ことができませんが、

その場を何とかしてもらえます。

そして、

アパートの管理会社へ連絡

すれば、今後の対策をしてもらえます。

こういったことは、

アパートで起きるトラブルの代表格です。

今回は、アパートの駐車枠に

他人の車が止められていたときの対策

について書きます。

警察への連絡

警察へ連絡すれば、

警察官が来てくれます。

警察官であれば、

止まっている車の名義人へ連絡を

することができます。

そして、名義人の方に

「車を移動させてください」

と言ってもらえます。

ですから、

『その場を解決してもらう』

には、警察へ連絡することが

一番早いです。

しかし、警察は

駐車枠に止められている車を

違法駐車で取り締まったり、

レッカーで移動させることはできません。

道路上に車が止められているわけでは

ないからです。

私たちが取り締まられている交通違反は

全て道路上のことです。

アパート駐車場、つまり、

私有地で起きているトラブルなので、

警察は連絡までしかできません。

もし、相手と連絡がつながらなかった

という場合は、注意すらできない

ということになります。

そこで、やるべきことは

アパートの管理会社への連絡なのです。

気持ちとしては、こんなふうに

ボンネットに載ってしまいたい

くらいですね~

アパートの管理会社への連絡

アパートの管理会社へ連絡すれば、今後の対応を取ってくれます。たとえば、勝手に車が止められていないか見回りに来てくれたり、他人の駐車枠に止めることを警告する文書を住民全員に送ったりします。見回りに来てくれたときに違う車が止まっていたら、その車のことについて、可能な限りの手を打ってくれます。だって、これを放置すると、アパートの秩序が乱れてしまいますから。住民たちが『管理会社が何もしないなら好き勝手やればいい』という方向へ行ってしまわないよう、管理会社は必ず手を打とうとします。

あなたが打つべき手

アパートの駐車枠に他人の車が止まっていた場合に、あなたが打つべき手をまとめます。

1,警察へ連絡する

あなたが勝手に車を移動させることはやめてください。

おおきなトラブルになります。

もし、相手から「車に傷がついた」などと言われたら面倒なことになります。

2,ナンバーを控える

警察での注意で終われば、その場はそれでよいです。

しかし、また同じことがあってはいけません。

今後のことを思うと、その車のナンバーを控えておくことが大切です。

ナンバーの写真を撮っておくだけでよいです。

3,アパートの管理会社へ連絡

そして、このナンバーや車種などをアパートの管理会社へ連絡してください。

アパートの管理会社が『見回り』にくるなど、対策をとってくれます。

今後のことは、アパートの管理会社へ任せましょう。

4,注意点

あなたは、そのアパートにこれからも住むつもりですか。

もし、そうなら、いくら腹がっても、あなたが前面に出て行ってはいけません。

車を止めていた人や、その関係者の人たちとあなたがトラブルになるかもしれないからです。

これからも住んでいく、あなたの『安息の場所』を住みにくくしてはいけません。

頼れるところは、たとえ『頼りない』と感じても頼ってください。

今回は、アパート駐車枠に他人の車が止まっていた場合の対処法について書きました。

これからも書き続けていきます!

これからも、よろしくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました