隣人からの『壁ドン』解決法

トラブル解決法

 アパートで生活していて、

 隣の部屋から壁を叩かれたことはありませんか。

 私に寄せていただける悩み相談のなかに、

 『隣の部屋の住民から壁を叩かれてこわい』

 という相談がありました。

 トラブルの相手がアパートの住民なので、

 本来、安らぎの場所である自宅でも休めません。

 隣の住民の部屋の壁を叩くなんて、異常行動です。

 制御が効いていない状態ということです。

 まともに相手をしても解決するとは思えません。

 今後、エスカレートしていくと、

 部屋から出たところで待ち伏せされて暴力を振るわれたり、

 部屋に火を放ったりと命の危険にさらされるかもしれません。

 今回は、『壁を叩かれる隣人への対処法』を話します。

解決法

 まず、結論です。

 相手の異常行動を録音して、

 警察へ通報することです。

 これが一番です。

 録音する理由は、

 日本が証拠に基づいて行動する国家だからです。

 ですから、録音や録画といった分かりやすい形で

 証拠を残す必要があります。

 録音や録画なら、撮影時間が分かるので、

 証拠価値が高いです。

 隣の部屋から声が聞こえるなら、

 その声も録音できます。

 声が録音できれば、誰が犯人かも推認できるので

 警察が動きやすいということです。

 あなたが望めば、

 その場で警察が相手を注意してくれるかもしれません。

警察に通報したらどうなるか

 一番わかりやすい例は、

 2005年に奈良県で発生した

 『引っ越しおばさん』事件でしょう。

 大きな音を立てまくって、

 近所の方を精神的に病ませたという事件です。

 このときの裁判で、裁判長は

 『音楽を大音量で鳴らし続ける行為は、

  被害者に精神的ストレスを与え、

  身体の生理的機能を害するもので傷害にあたる』

 として傷害罪を認定しています。

 しかし、日本で定められている法律上、

 『精神的ストレスを与えられて傷害を負った』

 となるには、

 それなりに高いハードルが立ちはだかります。

 子供のケンカのように

 『いついつ@@君から殴られて口を切った』

 という外観的に分かりやすいものではないからです。

 ストレスは日常生活の中でも感じるものです。

 裁判官などに

 『隣の家の人からの嫌がらせで心の病を負いました』

 と証明することは簡単なことではありません。

そこで、どうなるのか

 警察に録音内容や録画内容を確認してもらえれば

 『隣の部屋の人がどれだけ危ない人か』

 が分かってもらえます。

 異常行動をする人なので、

 精神病院で受診してもらったり、

 症状によっては入院してもらう

 のが一番望まれることでしょう。

 適切な医療を受けることが

 異常行動をする本人にとっても良いことだからです。

 今は制御不能の状態になって

 『壁ドン』をしているだけですが、

 エスカレートして人を殺してしまったら、

 本人にとって良くありません。

 精神状態が悪い方は保健所が対応してくれます。

 保健所の方が、

 その方を適切な病院へ連れて行ってくれます。

 そこで適切な医療を受けてもらい、

 落ち着いてもらうのです。

 病院から帰ってきて同じことをされたらどうするか。

 こちらも同じことを繰り返すのです。

 悪いことをしているのは相手です。

 相手の立場がますます悪くなります。

 立場が悪くなれば、警察や保健所から

 より強力な手が打たれることになります。

もし我慢したら

 警察に通報せず、我慢して場合はどうなるか。

 何日の続いているのであれば、

 壁ドンはこれからも続きます。

 そしてエスカレートするのは間違いないです。

 異常行動をしているのは相手です。

 あなたが我慢することはありません。

 通報してください。

 今回は、

 隣の部屋から壁を叩かれたらどうしたら良いか

 について書きました。

 最初にも言いましたが、

 トラブルの相手がアパートの住民なので、

 本来、安らぎの場所である自宅でも休めません。

 そんなバカげたことはありません。

 今後、エスカレートしていくと、

 部屋から出たところで待ち伏せされて

 暴力を振るわれたり、部屋に火を放ったりと

 命の危険にさらされるかもしれません。

 相手の異常行動を記録して、通報してください。

 別で近所トラブルになる原因などについても書いているので、ぜひ、よんでください。

近所トラブルの原因【アパート編・原因と対策】
本記事では、これからアパートに住む方や、今、アパートに住んでいる方が「ご近所トラブルになってしまう原因や、その対策を悩む」という悩みに向けて書いています。この記事を読むことで『ご近所トラブルになる原因が分かり、その対策が分かります』

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました