逮捕されたらどうなる【直ぐに釈放される場合】

刑事訴訟法ノート

逮捕されると、

身柄を拘束されて、

自分の意思で家に帰ること

ができなくなります。

1つのパターンとしては、

20日くらい身柄を拘束され続けること

になります。

しかし、最短では

1日などで釈放される場合

があります。

報道されるニュースで、ごくたまに

『直ぐ釈放されたな』

という事件があります。

私の感覚としては

芸能人が逮捕されたときに

よく目につきます。

直ぐ釈放されるパターンとしては、

被害者と示談が成立して被害届が取り消された場合

逃走や、証拠隠滅するおそれがないと判断された場合

高齢や重い病気やケガを患っていて身柄を拘束し続ける体力がない場合

などがあります。

これを読めば

『あれ?なんで釈放されたの?』

という疑問が解決されます。

今回は、直ぐに釈放される場合を説明します!

逮捕されたらどうなる【直ぐに釈放される場合】

警察などが被疑者を逮捕した場合、

逮捕してから48時間以内に

被疑者を検察庁に送致するか、釈放

しなければなりません。

送致とは、ニュースなどでよく見る

『送検』のことで、

送検の正式名称が『送致』

といいます。

釈放とは、その名のとおり、

自由に外に出ることです。

検察庁に送致しない場合は、

釈放しかありません。

釈放される理由

釈放されるには理由があります。

そして、考えられる理由が3つあります。

1,被害者と示談が成立して被害届が取り消された場合

・被疑者が現行犯逮捕された場合が多いです。

・人を殴って逮捕されたものの、被害者が「被害届を取り消す」と言ったときなどです。

・身柄の拘束は、のちに控えている『裁判』の影響を強く受けます。

・被害届を取り消された犯罪は、裁判になる可能性が低くなるので、身柄を拘束し続ける必要性が低くなるのです。

2,逃走や、証拠隠滅するおそれがないと判断された場合

・身柄の保証人がいるということです。

・身柄の保証人が存在するので、逃走するおそれがないと思われるときです。

・証拠をすべて警察が収集しているので、証拠隠滅する証拠がないという状況のときです。

・しかし、これが理由で釈放される可能性は低いと考えられます。

・それは、警察が被疑者を逮捕する理由に『逃走や、証拠隠滅するおそれ』があるからです。

・逃走や証拠隠滅するおそれがないなら、警察は逮捕しません。

3,高齢や重い病気やケガを患っていて身柄を拘束し続ける体力がない場合

・これも、1と同様、被疑者が現行犯逮捕された場合が多いです。

・たとえば、万引きで店員さんに逮捕された被疑者が高齢者で身体が弱かったので、身柄を拘束し続けることに生命の危険があると思われるときです。

・体調が悪い人ではないと思って逮捕したものの、人工透析しないといけない身体だったので、身柄を拘束し続けることに生命の危険があると思われるときなどのことです。

釈放のタイミング

送致しない場合、警察は

逮捕してから48時間の身柄拘束が

認められています。

つまり、48時間以内であれば、

24時間でも、数時間でも釈放すること

ができるということです。

ですから、たとえば

示談さえできれば、あるいは

身体が悪いことを警察に理解してもらえれば

すぐにでも釈放される可能性があるのです。

どんな罪でも釈放されるの?

いくら高齢者といえども、

どんな罪で逮捕された被疑者でも

釈放されるわけではありません。

法定刑とよばれる

法律で定められている刑罰

が重たい罪の場合、例えば、

死刑になる可能性がある

殺人罪で逮捕された被疑者が

釈放されることは、まず、ありません。

逃げられる可能性が高いからです。

釈放される可能性がある犯罪は、たとえば

少額の万引きなどがあります。

さいごに

今回は

逮捕されても直ぐに釈放される場合って何なのか

について説明しました。

釈放される場合には

被害者と示談が成立して被害届が取り消された場合

逃走や、証拠隠滅するおそれがないと判断された場合

高齢や重い病気やケガを患っていて身柄を拘束し続ける体力がない場合

の3つがあります。

もし、今後、

有名人が逮捕されたとき、

身の回りの人が逮捕されたとき

などで、すぐに釈放されたときは、

こういった理由があるんだな

と思ってもらえれば、このブログが

役に立ってもらえればと思っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました