近所トラブルの原因【アパート編・原因と対策】

トラブル解決法

友達が「隣の部屋の人から壁ドンされた」って言ってたけど、どんなときに、壁ドンされるのかな。
ご近所トラブルになりやすい原因と対策が知りたい。
ここでは、そんな疑問に答えます。

【近所トラブルの原因】今回は、アパートの隣の部屋の住民などから壁ドンされるなど、ご近所トラブルになってしまう原因を書いた上で、その対策について書きます。

✔️ 壁ドンされるトラブル原因

①テレビや音楽の音

②ドンドンと音を立てて歩いたり走る

③電話の話し声

④友人の来訪

✔️前置メッセージ

本記事では、これからアパートに住む方や、今、アパートに住んでいる方が「ご近所トラブルになってしまう原因や、その対策を悩む」という悩みに向けて書いています。

この記事を読むことで『ご近所トラブルになる原因が分かり、その対策が分かります』

それでは、さっそく見ていきましょう。

①テレビや動画、音楽の音

自分の部屋の横を通るトラックや電車などの騒音で大きな音で動画などを見ることに慣れてしまうことでおきるトラブルです。

見ていた動画や音楽の音量を大きくさせたままにしていて、トラブルが起きるという場合は少なくありません。

対策

大きな音量になっていないか、気を付けることが大切です。

神経質な人が住んでいるなど、場合によっては、イヤホンを使う方が良いです。

騒音は一度気になりだすと気になって仕方がないものです。

少なくても、目をつけられているうちは、最大限の注意をしましょう。

②ドンドンと音を立てて歩いたり走る

つい、音を立てて床を歩いたり走ってしまったりすることです。

特に子供さんがいる場合は要注意です。

世の中には、子供が歩いたり走ったりする音が気になるという方が存在するからです。

対策

防音カーペットやマットを敷くことです。

わたしが以前、住んでいたアパートでも防音カーペットを敷いていました。

トラブルになった後からでも遅くありません。

防音カーペットを敷くことで、相手が「気をつかっているのかな」と分かってもらえれば、これ以上、ひどいトラブルになる可能性が低くなるからです。


③電話の話し声

ついつい、大きな声で話しがちなのが電話です。

友達などと盛り上がって話しているうちに、つい大声になっています。

笑い声は、よく、ひびきます。

対策

これに気を付けるのは相当むずかしいです。

自分自身が話しに夢中になってしまうので、気が付きにくいのです。

ですから、電話の相手が友人であれば「隣の部屋の迷惑になるので大声がだせないこと」を事前にはなしておくことが大切です。

同居の家族がいるなら、「うるさくなったら教えて」と頼むことが有効です。

もし、一人暮らしの場合は自分で気を付けることが一番大切ですが、近所迷惑になりにくい部屋を見つけて、そこで話すことを忘れないでください。

④友人の来訪

大勢が集まれば集まるほど、話し声は大きくなります。

とうぜん、笑い声も大きく、目立ちます。

夜に話し声や笑い声が聞こえるという状態になれば、トラブルにならないほうが不自然です。

何らかの理由がない限り、まず、トラブルになります。

直接トラブルにならなくても、警察に通報されて、警察官から注意を受けることになります。

そしたら、一気に冷めてしまいますよね。

対策

部屋にいるお互いが気を付けることが大切です。

家に来てもらう人は、基本的には、友人です。

『近所迷惑になるから大声は出さないで』と言えば、きっと、気を付けてくれます。

もし、あなたが一度でも近所トラブルになっているのであれば、酒を飲んで盛り上がるような会をひらいてはいけません。

絶対にトラブルになるからです。

✔さいごに

今回は、これからアパートに住む方や、今、アパートに住んでいる方が「ご近所トラブルになってしまう原因や、その対策を悩む」という悩みについて、具体的な原因と対策を書きました。

あなたの家は、本来、一番安心できる場所でなければいけません。

そんな場所でトラブルを起こすと、一番安心できる場所ではなくなってしまいます。

現実問題として、引っ越しも、そう簡単にできるものでもありません。

自分が安心できる場所を守るため、トラブルの原因をさけて対策をとってください。

このほかにも有益な情報を書いているので、これからも、よろしくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました