警察官の拳銃発砲は適法?

事例ブログ

はじめに・・・

令和3年4月11日午後10時ごろ

名古屋市西区で

警察官が刃物を持った男に拳銃を発砲する

という事件がありました。

拳銃の弾は男の下腹部に当たり

男はその場で逮捕された

とのことですが

今回

警察官は拳銃をどんなときに撃っていいの?

拳銃の弾がお腹に当たっているのに逮捕していいの?

病院へ連れて行くべきなんじゃないの?

という疑問について、調べました。

そもそも、どんな事件なの?

今回の事件は

令和3年4月11日午後10時ごろ

西区上名古屋の立体駐車場で

「火を使っている人がいる」

という目撃者から警察に通報があり

警察官が駆け付けたところ

刃物を持った40代くらいの男を発見した

というのが始まりのようです。

警察官は、男に対して

「刃物を捨てないと撃つ」

などと警告しましたが

男は

「撃てるものなら撃ってみろ」

と叫び

刃物を持って警察官に向かってきたため

警察官が拳銃で2発発砲し

このうち1発が男の下腹部に当たった

とのことです。

その後、男は

公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕

されました。

ちなみに、命に別状はないそうで

警察は

「現時点では適正な拳銃使用だと考えている」

とコメントしているそうです。

警察官は拳銃をどんなときに撃っていいの?

調べてみると

警察官職務執行法(通称:警職法)第7条

警察官は犯人の逮捕もしくは逃走の防止

自己若しくは他人に対する防護

又は公務執行に対する抵抗の抑止のため

必要であると認める相当な理由のある場合

においては

その事態に応じ合理的に必要と判断される限度

において

武器を使用することができる。

と書いてありました。

今回の件は

刃物を持って警察官に向かってきている

ので

自己若しくは他人に対する防護

又は公務執行に対する抵抗の抑止のため

必要であると認める相当な理由のある場合

に該当しますね。

そして、拳銃を撃つ前

警察官は刃物を持っている男に対して

「刃物を捨てないと撃つ」

警告しています。

男は

「撃てるものなら撃ってみろ」

と叫び、刃物を持って警察官に向かってきた

とのことなので

ニュースで知る限り

警察の方は

ほんと刺される直前だったみたいですが

この『警告』がひとつのミソなのです。

拳銃に関する法律関係には

『警察官等けん銃使用及び取扱い規範』

という規則があり、そこには

警察官は

この規則などを根拠にして拳銃の使用ができる

と書かれていますが

これを見ると

第5条に『構えることができる場合』

第6条に『けん銃を撃つ場合の予告』

第7条に『威かく射撃等をすることができる場合』

第8条に『相手に向けてけん銃を撃つことができる場合』

とあるので

警察官は、原則的には

拳銃を撃つことを予告してから撃たなければならない(第6条)

のです。

しかし、第6条のただし書きには

事態が急迫であって予告するいとまのないときなどはこの限りでない

と書かれているので

予告は、あくまで原則で

ケースバイケースだと思います。

どのみち、今回の件では

警察官は拳銃を撃つことを予告してから撃っている

ので、この点は問題ないですね。

それにしても「撃ってみろ」はすごいですね。

拳銃の弾がお腹に当たっているのに逮捕していいの?病院へ連れて行くべきなんじゃないの?

お腹に拳銃の弾が当たっているのに逮捕する

って

聞くだけでもヤバそうなケガをしているのに病院へも行かせない

ってことだと思うので

警察官を相手にした犯罪への対応は厳しいな

って思ったのですが

過去のニュースを読んでいても

拳銃の弾が当たっている犯人って

複数のパターンで現行犯逮捕

されていました。

私のイメージでは

令和元年7月18日に

京都市伏見区で起きた

京都アニメーション放火殺人事件の犯人が病院で治療された後で逮捕された印象

が強かったので

犯人がケガをしたら先に病院へ連れて行かなければならないもの

だと勝手に思っていました。

転んだケガとかと違って

拳銃の弾が体に当たったら死んじゃいそう

ですもんね(汗)

現行犯逮捕した後にちゃんと病院へ連れて行っているんですね。

さいごに・・・

今回は

名古屋市で起きた警察官の拳銃発砲

について考えてみました。

ニュースで報道されているとおりであれば

今回の拳銃発砲は適法

だと思いました。

みなさんはどう感じられましたか?

これからもまた、いろんなニュースについて考えてみたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

警察官 警職法 拳銃発砲 拳銃 発砲 警察官職務執行法 名古屋市 西区 上名古屋 撃ってみろ 予告 第7条

コメント

タイトルとURLをコピーしました