証拠が大事な理由

刑事訴訟法ノート

はじめに

刑訴法318条には

『証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる』

と規定され

自由心証主義を採ること

を明らかにしています。

自由心証主義とは

証拠の証明力の有無を

法律で定めることをせず

もっぱら

裁判官の自由な判断に任せる建前

をいいます。

『任せる建前』とか

なんか丸投げしたみたいな

ヤバそうな表現に聞こえるので

その意味を書きます。

結論

まず結論から書きます。

刑訴法318条には

『証拠の証明力は裁判官の自由な判断に委ねる』

と書かれていますが

全部委ねられているわけ

ではありません。

証拠には

証明力と証拠能力

という2つの考え方が存在します。

裁判官の判断に任されているのは

証拠の証明力だけに限定

されています。

なので『裁判官の自由な判断…』は

証拠能力の有無には及ばないのです。

その理由は

証拠能力は

法律によって制限されているため

です。

法律の規制を経て許された証拠

すなわち

証拠能力がある証拠の証明力の評価

だけが

自由心証に委ねられています。

これから証拠能力と証明力を

分かりやすく説明します。

流れ

簡単に説明すると

法律で定められたハードルをクリア

して『証拠能力がある!』

と認められた証拠は

『裁判官の自由な判断で証明力を判断して良いよ』

というものです。

そのハードルとは

『警察官が違法に集めた証拠ではないか』

『被告人が警察官から暴力を受けて話した内容ではないか』

などがあります。

こういったことに問題がなければ

『証拠能力がある』

と判断され

『裁判官の自由な判断で証明力を判断して良いよ』

のステップに行けるのです。

証拠能力

いわば

証拠としての資格のことです。

警察や検察といった捜査機関によって

違法に収集された証拠でなければ

証拠能力が認められる

というものです。

「こんなもんに証拠の資格はない!」

となったら

その証拠は裁判では使えない。

証拠能力が認められた

『ほかの証拠で勝負するしかない』

ということです。

なので

「集めた証拠の証拠能力がほとんど否定されちゃった(汗)」

という状態だと無罪の可能性が高くなります。

いわゆる

毒樹の果実

は証拠能力がないのです。

証明力

証拠に証拠能力があれば

次に問題になるのが証明力です。

証拠には

信用できるモノと

信用できないモノが存在します。

証明力とは

『証拠がどの程度信用できるか』

ということです。

たとえば

噓つきで評判の人の話しや

遠く離れたところから見た出来事を

「手元までめっちゃ見えてました」

と話したことを

裁判官がどれだけ信用するか

ということです。

当然、不自然な話しであれば

証言の証明力は低くなります。

一つ一つの証拠を

『どこまで信用するか』

は、裁判官や裁判員の自由な心証

に任されているのです。

これが自由心証主義です。

心証の程度

犯罪事実を認定するため

には合理的な疑いを超える程度の確信

が必要です。

なので

何でもかんでも

裁判官の好きなように信用する

のではありません。

さいごに

証拠は大事ですが

裁判で使ってもらえる証拠

でなければなりません。

集めるべき証拠は

【資格】証拠能力が認められる証拠

という大前提うえで

【価値】裁判官が

「この人が犯人だわ」

と判断できるもの

を集めることが大切です。

今回も読んでいただき

ありがとうございました!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました