親子ゲンカしたら子供が出て行って帰ってこない【子供の探し方】

トラブル解決法
子供を叱ったら家を出て行って帰ってこない。
どうやって探したら良いのか。
具体的方法が知りたい。
ここでは、そんな疑問に答えます。

✔️本記事のテーマ

【子供の探し方】子供を叱ったり、ケンカしたあとで子供が家に帰ってこないとき、どうやって見つければ良いのかを書きます

✔️子供の探し方

①携帯電話の位置情報をとる

②子供の友達の家に聞く

③祖父母など親戚の家に聞く

④自宅の再捜索

⑤近くのマンキツ

⑥大型ショッピングセンターや駅の駐輪場で自転車を探す

⑦警察へ相談する

✔️前置メッセージ

本記事では「子供を叱ったり、ケンカしたあとで子供が家に帰ってこないとき、どうやって見つければ良いのか」と悩んでいる方に向けて書いています。

この記事を読むことで『家から出て行ってしまった子供を見つけること』ができます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

①携帯電話の位置情報をとる

家出をしたのが子供の場合、子供が持っている携帯電話の名義人は、たいがい親です。

親、つまり、名義人であれば、携帯電話会社に「携帯を落とした。失くしてしまったので位置が知りたい」といえば、位置情報を調べてくれます。

そうすれば、携帯電話会社が子供が持っている携帯電話の位置情報を取得するので、今いる場所が分かります。

マンキツに位置情報が落ちればマンキツに居るということですので、そこへ行けば見つけることができます。

②子供の友達の家に聞く

特に高校生以下の場合、お金がないので行ける場所は限られます。

学校の同級生、部活やバイト仲間の家などへ上がり込んでいる可能性があります。

日ごろから子供が仲良くしている友達を知っておき、子供が居なくなってしまったら、その家の親さんなどに聞いてみましょう。

仮に、友達の家に居なかったとしても、友達なら、あなたの子供がインスタやTwitterなどで、『今、ここにいるよ!』などとアップロードしている可能性があります。

ダメでもともとです。

聞いてください。

ここからは、携帯電話を置いて家出をした場合についても考えながら書いていきます

③祖父母など親戚の家に聞く

こちらも、高校生以下の場合は特に、お金がないので行ける場所は限られます。

まさか家出しているとは知らない祖父母が、子供を家に上げている可能性があります。

電話一本で済むことですので、聞いてみてください。

見つかればラッキーです。

④自宅内の再捜索

知らない間に自宅に戻っている可能性があります。

使っていない部屋、外の倉庫、押し入れなど、人が入れる場所は、とにかく確認してください。

夜遅くまで外にいることを『こわい』と感じることもあり得ます。

家に戻っている可能性を考えて、子供を探しに出るときも、誰かは自宅に残すようにしてください。

⑤近くのマンキツ

いまや、マンキツは安い料金で宿泊できる場所になっています。

お金がない子供たちからすれば、友達などが頼れない場合、マンキツで時間をつぶす可能性が高いです。

マンキツで店員さんに子供の写真を見せて、子供がいないか、聞いてみてください。

ここなら、Wi-Fiが飛んでいます。

古い携帯電話やタブレットを持ち出して家出していた場合は、居心地が良い場所になります。

それに、携帯電話の充電もできます。

⑥大型ショッピングセンターや駅の駐輪場で自転車を探す

イオンなどの大型ショッピングセンターの駐輪場に自転車が止まっていないか確認しましょう。

何も考えずに家を飛び出した場合、家出準備ができていないため、行ける場所が限られます。

お店などで時間をつぶしている可能性が高いです。

そして、駅の駐輪場です。

定期券を持っている子供など、電車に慣れている子は、電車を使って、近くの都市部へ行く可能性があります。

自宅近くや一つ先の駅などの駐輪場を見て、子供の自転車が無いか確認して下さい。

駅に自転車があれば、自分たちの力で探し出せる可能性は低いです。

次のステップにうつります。

⑦警察へ相談する

警察なら、駅の防犯カメラなどを見ることができます。

人を探すプロなので、自分たちで見つけられないと思ったら、早めに相談してください。

大ごとになりますが、このまま子供が見つからないよりは絶対マシです。

子供を一生懸命探した理由は何ですか。

心配だからではありませんか。

早めに警察へ相談してください。

✔️さいごに

今回は、子供が家出をしたときの具体的な探し方を書きました。

このほかにも有益な情報を書いているので、これからも、よろしくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました