捜索と差押え

刑事訴訟法ノート

はじめに

捜索と差押えは

証拠保全のための強制処分による捜査方法

です。

今回は捜索と差押えを学ぶことで

捜索や差押えをすることに関わるときの心構え

をしましょう。

証拠の種類

捜索

人の身体、物または住居その他の場所について

物または人の発見を目的とする強制処分をいいます。

差押え

証拠物や没収すべき物について

所有者から強制的に占有を取得する処分

をいいます。

領置

被疑者等が遺留した物

または所有者が任意に提出した物の占有

を取得する行為をいいます。

検証

一般に、場所、物、人の身体の状態を

五官の作用によって感得する処分

をいいます。

五官とは

人間が持つ『目、耳、鼻、舌、皮膚』

という5つの作用のことです。

鑑定処分

特別の知識・経験によって行われる判断を報告する鑑定

に際して、その必要上許される強制処分

をいいます。

豆知識【押収って?】

ここでは

押収の意味

について話します。

押収は

刑事訴訟法で使われるときと

憲法で使われるとき

では意味が違います。

刑事訴訟で使われる押収『差押えと領置』の両方

を含みます。

しかし、憲法で使われる押収には『差押え』のみ

と理解されているのです。

捜索・差押え

令状による捜索・差押え

検察官、検察事務官、司法警察職員は

犯罪の捜査をするについて、必要があるときは

裁判官の発する令状により捜索すること

ができます。

これを

令状による捜索

といいます。

差押えの対象は

証拠物または没収すべき物と思料するもの

などで

関係がないものまで差し押さえること

はできません。

令状には

被疑者の氏名

罪名のほか

差し押さえるべき物

捜索すべき場所

物もしくは身体などの

対象等を特定して記載

しなければなりません。

ですから

令状を読めば

被疑者は誰なのか

何罪なのか

何を探そうとしているのか

どこを探そうとしているのか

が分かります。

捜索・差押えの際には

処分を受ける者に令状を示さなければならない

とされています。

捜索状や差押状の執行に際して

部屋の錠をはずしたり

書類の封を開いたり

差し押さえたフィルムの現像をする

などの

差押えの目的を達成するために

合理的に必要な範囲の付随処分

を行うことができます。

令状によらない捜索・差押え

憲法は逮捕に伴う捜索押収の場合を

令状主義の例外

としています。

これを受けて、刑訴法では

『逮捕する場合』に『逮捕の現場』で

令状なしの捜索・差押えを規定

しています(刑訴法220条1項と3項)

・逮捕のための被疑者の捜索(229条1項1号、3項)

逮捕状による逮捕の場合には

逮捕状が捜索許可状の機能兼ねている

と理解されています。

ですから、被疑者逮捕のために

人の家や建物に入って被疑者を探すこと

ができます。

・逮捕に伴う捜索・差押え(229条1項1号、3項)

『逮捕する場合』に『逮捕の現場』には

裁判官令状なしで捜索・差押えをすること

ができます。

逮捕する場合とは

現に被疑者を逮捕する状況が必要

です。

逮捕の現場とは

逮捕行為が行われた場所

を意味しますが

被逮捕者の身体や

直接の支配下にある範囲に限る

と理解されています。

ですから

全然関係ない場所は捜索・差押えできません。

ちなみに

被逮捕者とは逮捕された人のことです。

領置

被疑者等が遺留した物

または所有者等が任意に提出した物

の占有を取得する行為

をいいます。

遺留物とは、遺失物のみならず

自己の意思によって占有を放棄し離脱させた物

も含みます。

不要物

として公道上のごみ集積所に排出されたゴミも

捜査機関は遺留物として領置することができます。

適当に捨てられないですね(笑)

検証

検証とは、一般には

場所、物、人の身体の状態を

五官の作用によって感得する処分

をいいます。

また、検証は強制処分として行われます。

捜査機関が任意に行う検証を

実況見分

といいます。

実況見分はニュースでよく聞きますね!

鑑定処分

鑑定処分とは

特別の知識等によって行う判断を報告する

『鑑定』に際して

その必要上許される

強制処分をいいます。

そもそも捜査機関は

犯罪の捜査をするについて

必要があるときは

専門家(鑑定受託者)に鑑定を嘱託

することができます。

嘱託の強制処分が鑑定処分です。

まとめ

今回は

ドラマやニュースでよく見る

捜索、差押え、領置、検証、鑑定処分

について書きました。

どれも身近なことじゃないので

勉強しないとわからない

ですよね。

法律って

どれもそんなかんじなので

これからも

わかりやすくまとめていきます!

それでは

今回もありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました