心の平穏は財布次第

これは、ユダヤ人の成功哲学タルムードの金言集に出てくるワンフレーズです。

心の平穏は財布次第という言葉の意味には、心を病むと体が悪くなる。しかし、金がないと両方悪くなるというものがあります。

これは、日本では教えられない視点です。

日本では、心の平穏は財布次第なんていう教えは一切ありません。

そんなことを言っていたら、一般的には変人呼ばわりされます。

しかし、タルムードでは、日本では教育されない、タブー視されるお金のことについて、独特な視点から教えてくれます。

金がありすぎると、人間は獣のように警戒心が強くなるが、金がないと、なりふり構わない本当の獣になる。

これは、お金がなくて、人のお金を盗んだり、脅し取る人のことなどを指しているのだと思います。

ユダヤ人には、お金は人生における扉を開ける『大切な鍵』という認識があります。

お金をどう使うか。

大切なお金です。

私は有効に使いたいと思いますし、皆さんも、有効だと思える使い方ができるよう、私のブログが活用してもらえたらと思っています。

これからもブログを書き続けます。

ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました