岡庭容疑者が犯人である可能性について

事例ブログ

はじめに

 茨城県境町にある小林さんの住宅で2019年9月に小林光則さん妻美和さんが殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件について、新たに明らかになった情報から事件のことについて法律的観点から説明します。

↓逮捕された日の情報をもとに作ったブログのリンクなどです。

集められた客観証拠(岡庭容疑者)
茨城県境町にある小林さんの住宅で2019年9月に小林光則さん妻美和さんが殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件について、新たに明らかになった情報から事件のことについて法律的観点から説明します。事件が報道される前に、事件についてネットで検索していたことです。 警察が、昨年11月に岡庭容疑者の家を家宅捜索した際に押収したパソコンを解析しました。そして、そのパソコンの解析で事件について頻繁に検索した痕跡を見つけたということです。
岡庭容疑者の現状
茨城県境町にある小林さんの住宅で2019年9月に小林光則さん妻美和さんが殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件について、新たに明らかになった情報から事件のことについて法律的観点から説明します。令和3年5月9日時点で新たに分かったことを3つ挙げます。岡庭容疑者は容疑を否認しているということです。事件前に撮影されたとみられる動画だったという情報です。岡庭容疑者が水戸地検に送致されたというものです。
茨城県境町殺人事件の推理
警察は次女に使われたスプレーと同一の可能性があるとみて確認している最中です。つまり、事件前に岡庭容疑者が犯行用具を持っていた可能性がある人物ということになります。別事件での押収品とは、昨年11月に警察が殺人予備罪で岡庭容疑者の自宅を捜索したときの押収品のことだと思われます。警察は、岡庭容疑者から刃物や衣類など計約600点を押収しています。そして『別事件での押収品の刃物の鑑定結果から』とあるのは、小林さんご夫婦や長男などの血液が、この刃物に付着していたという意味だと捉えるのが自然だと思います。室内から凶器が見つかっていないことから、岡庭容疑者が凶器を自宅に持ち帰って保管していた可能性はあると思います。

新たに分かったこと(5月8日時点)

 令和3年5月8日時点で新たに分かったことを挙げます。

 一つ目です。

 小林さんの次女が犯人から襲われた際に『熊除けスプレー』が使われており、同様の商品を岡庭容疑者がネットで購入していたことが判明したというものです。

 このことが明らかになったのが昨年11月だそうで、岡庭容疑者が捜査線上に浮上した切っ掛けの一つになった出来事でした。

 二つ目です。

 現場に残されていた足跡に似たレインブーツを事件前に購入していたことです。

 事件前にインターネットを通じて購入していたそうです。

 どのようなレインブーツなのかは明らかとされていませんが、もし、流通量が少ないレインブーツだった場合などは、岡庭容疑者が小林さんの住宅へ行った可能性を証明する材料の一つになる可能性があります。

 これについては異論が出てくると思いますが、少なくとも、マイナス材料になるものでは無いことは明らかなことです。

 三つ目です。

 岡庭容疑者が、事件前にインターネットで小林さん方付近の情報を検索していたことです。

 茨城県警境署捜査本部は、岡庭容疑者が現場を下調べした上で計画的に襲った疑いがあるとみて裏付けを進めるそうです。

 岡庭容疑者のパソコンなどを調べたところ、事件現場となった住宅付近の情報をネットで検索した履歴が残っていた。

 このほか、事件と別の日に撮影したとみられる現場付近の画像もスマートフォンから見つかったということです。

 四つ目です。

 警察は、岡庭容疑者の認否を明らかにしていませんが、取り調べには応じているということです。

このことからいえること(スプレー)

 小林さんの次女が犯人から襲われた際に『熊除けスプレー』が使われており、同様の商品を岡庭容疑者がネットで購入していたことが判明したこと

 これ自体が『岡庭容疑者が犯人だ』と言い切る材料にはなりません。

 しかし、このほかにも集められた証拠たちと合わせることで、『岡庭容疑者が犯人だ』といえる材料になってくるプラスな証明です。

 これについても異論はあると思いますが、これについても、少なくともマイナスに働くことではありません。

 こういった証拠のことを情況証拠といいます。

 一つ一つは弱いように見えるものでも、積み重ねることによって、裁判になったとき、有罪無罪を決める判断材料になり得ます。

 情況証拠は、私の別ブログのドンファン事件を見ていただければわかっていただけます。

 ↓リンクです。ご一読よろしくお願いいたします。

紀州のドン・ファン殺人事件をどう証明したのか
2021年4月、和歌山県警が紀州ドン・ファン殺人事件の犯人として元妻を逮捕しました。逮捕に3年かかりました。その間、和歌山県警は元妻が犯人であるという情況証拠を積み重ねました。情況証拠は積み重ねれば有罪に持ち込む力があります。今回は、和歌山県警が逮捕まで持ち込んだ情況証拠について説明します。

このことからいえること(レインブーツ)

 現場に残されていた足跡に似たレインブーツを事件前に購入していたこと

 現時点で、どのようなレインブーツなのかは明らかとされていません。

 しかし、岡庭容疑者が似た足跡の靴を持っていたことは事実です。

 また、もし、そのレインブーツが流通量の少ないレインブーツだった場合などは、岡庭容疑者が小林さんの住宅へ行った可能性を証明するワンランク上の材料の一つになる可能性があります。

 これについても異論はあると思いますが、これもマイナスに働くことではありません。

 積み重ねていく情況証拠の一つになり得ます。

このことからいえること(携帯電話)

 岡庭容疑者が、事件前にインターネットで小林さん方付近の情報を検索していたこと

 岡庭容疑者のパソコンなどを調べたところ、事件現場となった住宅付近の情報をネットで検索した履歴が残っていたほか、事件と別の日に撮影したとみられる現場付近の画像もスマートフォンから見つかったということです。

 ポイントは事件前に検索していたことです。

 事件後であれば、私でもあなたでも検索した可能性があります。

 しかし、事件前に検索していたということは、犯人ではないかということを推認させる情況証拠の一つになり得ます。

 もし、岡庭容疑者が犯人ではないとするのであれば、岡庭容疑者が事件前に小林さん方付近の情報を検索した理由を誰もが納得できる形で説明できるかが問題になります。

このことからいえること(取り調べ)

 警察は、岡庭容疑者の認否を明らかにしていませんが、取り調べには応じているということです。

 岡庭容疑者が何を話しているのか分かりません。

 しかし、岡庭容疑者には上で説明したような『疑わしいこと』があります。

 事件のことについて話さないことは、岡庭容疑者に認められた権利ですので、その権利を行使することは当然認められることです。

 しかし、『疑わしいこと』について何も説明しないのは心証が悪いのではないでしょうか。

 事件のことについて話さない権利については、私の別ブログを読んでいただければわかっていただけます。

 ↓リンク(被疑者の防御権)

被疑者の防御権
逮捕されたとき、自費で雇った弁護士と、国がつけてくれた弁護士との違いについて書きました

まとめ

 今回は、5月8日時点でニュースになっている情報をもとにして、法律的観点から岡庭容疑者が犯人である可能性について考えました。

 私は、法律の知識があるからこそ、自分の知識や見方を発信していくことが、世間の法律に関するリテラシーを上げることに繋がると信じています。

 これからも新しい情報が発信されれば、その情報から何が言えるのかを改めて自分の意見を発信していきたいと考えています。

 今日はここまで読んでいただき、ありがとうございました。


コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] 岡庭容疑者が犯人である可能性について […]

タイトルとURLをコピーしました