子供同士のトラブルでの親の交渉

トラブル解決法

学校や塾などで、子供が

子供同士のトラブル

に巻き込まれて帰ってきたことは

ありませんか。

トラブル相手の親さんから

壊れた物の弁償を請求

されたり、

謝罪を求められたりしたこと

はありませんか。

こちら側が全面的に悪いなら

弁償しやすい立場

ですし、謝罪ができます。

しかし、

ウチの子が事実と違うよなどと話しているとき

に、『あとあと面倒だから』と

相手の話しのとおりに弁償したり

謝罪してしまってはいけません。

子供の将来に大きな影を落とす可能性が

極めて高いからです。

トラブルが嫌だからと

簡単に弁償したり謝ることで、

子供に対して

『お母さんお父さんに信用してもらえなかった』

と深く傷をつけてしまいます。

もしかしたら、これがキッカケで

心が病むかもしれません。

子供は繊細です。

こういった場面での判断が、

今後の子供自身や、

親との関係を大きく左右するのです。

今回は、こういったときの解決方法を書きます。

結論

学校など第三者を巻き込んで

相手の親さんと話し合いの場

を持ってください。

相手との話し合いの場を持つ前には、

しっかりと子供さんから

事実を聞いてください。

そして、子供さんに

『これからどういった手続きをとっていくのか』

を説明してください。

親だけが暴走するのではなく、

子供さんの意見を聞いてから

ことを進めるようにしてください。

もし、子供さんが相手の親との話し合いに

子供さんが同意をするのであれば、

次の手続きを踏んでください。

まずなにをするか

自分の子供からの事実の聞き取りです。

子供から何があったのか、

しっかり聞きます。

そして、

それが理にかなっていることか、

不自然な説明じゃないか見極めます。

そこで不自然な話しがあれば、

今後、相手の親さんたちと

話し合いを進めるにあたって

強く踏み込めない原因になります。

子供からしっかり話しを聞いた上で、

『相手の子が間違ってる』とか

『うちの子ばかりが悪いわけではない』

と思ったら次へ進みます。

学校でのトラブルの場合

学校でトラブルに巻き込まれたり、

登下校時など、

同じ学校に通う子供とのトラブル

であれば、

学校を間にはさむべきです。

当事者同士で話しを進めるより、

ワンクッションがはさめます。

学校に通い続けるのであれば、

子供は相手の子と今後も

付き合っていかなければなりません。

親が暴走して

子供が生活しにくい環境に

してはなりません。

相手の親さんに対して

感情的になって怒ったりせず、

言い分を聞く必要があるのです。

第三者をはさめば、

当事者同士で話すのとちがい、

ヒートアップした話し合いに

ブレーキがかかりやすいです。

また、当事者同士で話しを進めた場合、

どちらが言っていることが

理にかなっているかを判断してくれる

第三者がいません。

ですから、

こちらが常識ある話しをしても、

相手が受け入れてくれない可能性がある

のです。

そんなとき、

第三者として学校の先生がいれば、

証人になってくれます。

相手の親さんも学校との付き合い、

繋がりがあるので

不当な要求はできません。

万が一、

話しがこじれてしまい、

相手が『あらぬこと』を

いろんな人に話しても、

先生を証人として訂正ができます。

先生が頼りない場合

その先生の上司に対応をもとめてください。

もし、担任の先生が間にはいってくれた場合

担任の先生では、

どうしても

学校内での裁量に限界があります。

つまり、担任の先生では

基本的に与えられている権限が少ない

ということです。

教頭、校長など上席の対応を求めてください。

そのとき、

担任の先生経由で頼んでも伝わりません。

あなたが、頼りないと判断した先生が

しっかりと上司へ説明できるとは

考えにくいからです。

ですから、

あなたが直接頼んでください。

そうでないと、上司は出てきません。

学校外の場合

塾での場合など、

学校外の人間関係で

トラブルになった場合は、

塾の先生など、

双方と関係がある第三者を

入れた方が良いです。

第三者がいれば、

落ち着いて話しができる場合

が多いからです。

誰にも頼めない場合は、

当事者同士しかありません。

これは仕方がないことです。

相手側が第三者を入れることを

嫌がる場合は、

その理由をよく見極めてください。

そこに相手の弱みがあります。

また、第三者を入れずに話し合いを

するときは、

通常以上に子供のことを

第一に考えて話し合いを

進めてください。

一番大切にすべきは、子供の気持ちです。

まとめ

最後にまとめます。

もし子供さんが

子供同士のトラブルに巻き込まれて、

そのトラブル相手の親さんが

強烈な要求をする人だったら・・・。

自分の子供が

『ぼく(わたし)は悪くないよ』

『こういう理由があるんだよ』

と話す場合、どうすればよいのか。

1,まず、子供さんの説明をしっかり聞いてあげてください。

2,子供さんの説明が理にかなっていると思ったら、子供さんに『今後、どのような手続きをとるつもりか』を説明してください。

3,そして、子供さんが話し合いを望むのであれば、学校の先生など第三者をはさんだ話し合いを相手の親さんととってください。

4,そのさい、頼りない先生だった場合は、上司の先生に代わってもらってください。

5,子供のことを一番に考えて話し合いをしてください。

6,そこで、もし、弁償するという話しになった場合は、子供さんにそうなった理由を話してあげてください。

7,相手が強烈な親さんでも、もしかしたら、ちょっとしたカンチガイなどで怒っていただけかもしれません。

8,しかしもし、不当な要求があれば、その要求は受けてはいけません。

9,間に入ってもらった第三者を証人にして、警察に相談してください。

読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました