保釈される人はどんなひと?

刑事訴訟法ノート

はじめに

テレビのニュースなどを見ていて

「なんでこの人は保釈されるの?」

と思ったことはありませんか。

保釈って

誰がどんな理由で決めているのか。

結論的には、裁判所が決めています。

そして、裁判所は、被告人などから

保釈の請求があったときに

条件をクリアしていたら保釈を

しなければならないという規定が

刑訴法にあります。

今回は保釈について説明します。

保釈の種類

保釈は被告人にのみ認められている権利

です。

被告人とは起訴された者です。

つまり起訴される前の者には

保釈を請求する権利はありません。

そのうえで、保釈には3種類あります。

必要的釈放(刑訴法89条に規定)

裁量保釈(刑訴法90条に規定)

義務的保釈(刑訴法91条に規定)

という3つです。

裁量釈放とは

裁判所が裁量で保釈を許すことです。

義務的保釈とは

勾留による拘禁が不当に長くなった場合に

裁判所が保釈するものです。

これは、拘禁が不当に長くなったら

保釈をする義務が裁判所に発生します。

そして、カルロスゴーンさんの件など

よく聞く保釈が必要的保釈です。

必要的保釈の規定

刑訴法第89条(必要的保釈)

保釈の請求があったときは次の場合を除いては、これを許さなければならない。

  1. 被告人が死刑又は無期若しくは短期1年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
  2. 被告人が前に死刑又は無期若しくは長期10年を超える懲役若しくは禁錮に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき。
  3. 被告人が常習として長期3年以上の懲役又は禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
  4. 被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
  5. 被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき。
  6. 被告人の氏名又は住居が分からないとき。

下の項目で説明していきます!

必要的保釈の意味

保釈の請求ができる者は

勾留されている被告人(本人)

弁護人、法定代理人、保佐人、配偶者

直系の親族、兄弟姉妹です。

法定代理人とは親権者や成年後見人など

です。

こういった方々から請求があった場合は

原則として裁判所は保釈を許さなければ

なりません。

しかし、先ほど挙げた6つの場合は

裁判所は請求を却下することができる

という規定です。

ちなみに短期1年以上の懲役というのは

下限が1年以上であるという意味です。

ですから、窃盗罪や横領罪などで規定

されている10年以下の懲役という刑罰

では、下限の設定がないため

保釈を拒否する理由に該当しません。

保釈を拒否する理由になる

下限1年以上という刑罰の規定

があるのは

放火罪や強制性交等罪などなので

犯罪の中でもかなり悪質なものです。

つまり、逮捕されただいたいの犯罪は

保釈の対象ということです。

そして、一番問題になるのは

被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる

相当な理由があるときという規定です。

この規定をクリアできなければ

窃盗罪や横領罪などの下限設定がない犯罪

でも、保釈されることはありません。

つまり、たいがいの場合

被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる

相当な理由があるときをクリアすれば

保釈されるものと考えられます。

被告人は警察や検察が捜査して

起訴されている身なので、基本的に証拠は

警察や検察が収集し終えています。

ですから、被告人が罪証を隠滅する余地が

少ないと判断されやすくなります。

保釈の許可

裁判所は、保釈の許否を決定する前に

検察官の意見を聴かなければなりません。

しかし、あくまで意見を聴くだけなので

検察官の意見に囚われることは

ありません。

裁判所や裁判官が決めます。

保釈を許す場合は

刑訴法93条の1項~3項の規定に従い

保釈保証金(保釈金)の額を決めます。

そして、その金額は

犯罪の性質・情状、証拠の証明力

被告人の性格・資産を考慮して

被告人の出頭を保証するのに過不足ない額

を算出します。

なので、金額は被告人それぞれです。

お金持ちにはお金持ちに似合った金額に

なります。

そして、保釈後の住居を指定するなどの

条件を付けることができます。

保釈が許可され、定められた保釈保証金を

裁判所に納付した場合は

身柄が釈放されます。

しかし、呼び出しに正当な理由なく

出頭しなかったり、逃走した場合

証拠を隠滅したり被害者などを脅したとき

などは釈放が取り消されます。

逃亡したカルロスゴーンさんは

釈放取消ですね(笑)

おわりに

今回は保釈について説明しました。

保釈はどんな被告人にも認められるもの

ではありませんが、条件をクリアできれば

保釈されるものです。

これからもいろいろな犯罪が起きて

被疑者が逮捕されては

被告人が保釈されていきます。

みなさんが「なぜ保釈されたの?」

と思ったときに活用してもらえれば

とてもうれしいです。

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!


コメント

タイトルとURLをコピーしました